--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.17 (Sat)

有名アフィリエイターに不正発覚!月60万円の報酬は不正で得たものか?

残念なお知らせをあなたに。
いや別に残念でもありませんが、有名アフィリエイターの不正が発覚しました。日8爆転などで有名なこの方。




さて、問題の不正内容ですがズバリ強制クッキー。
大した手口ではなく古典的な方法と言えるだろう。


具体的な手口を公開する前にこのアフィリエイターに対する
基本的な情報を集めてみた。


調査してみるとこの人物、結構有名な人というのが判明した。
ブログランキングでも上位に位置している。


ブログも作り込まれておりMT(ムーバブルタイプ)を使用するなど
十把一絡げの日8爆転系のアフィリエイターとは少々毛並みが違うようだ。


イラスト・画像等から判断できるが、画像系のツール(フォトショップやFireworks系)も
それなりに使いこなしている。


HTMLチェックをしてみたが、満点が取れるほどHTML文法にも精通している。
(テンプレートが良いだけかも知れないが)


コメントの数から推測するとコメントまわりも相当数こなしているとわかる。
フォーラムサポーター歴はなさそうだが、この世界では多少なりとも影響力はありそうだ。


では、不正の手口である強制クッキーを解説しようと思う。





有名アフィリエイターが使った強制クッキー その具体的な方法とは?



ここで強制クッキーの手法を解説してしまうと、マネをしてしまうおバカな人が出てくるだろうが
どのみち調べれば簡単に判明するので公開することにした。


広告主(もしくはアフィリエイトASP)はアフィリエイターの情報をクッキーを通じて判別する。
つまりアフィリエイターとしては、クッキーさえあなたのパソコンに記憶させてしまえば報酬を得るチャンスになる


もちろん、クッキーには「上書きされる性質」と「有効期限」が設定されているため
例え購入されても必ずしも自分の報酬になるとは限らない。


だが、クッキーを記憶させる重要性はアフィリエイトをしたことのある人なら
ご理解いただけると思う。


通常は広告主(もしくはアフィリエイトASP)が発行するアフィリエイトリンクへ
訪問者を誘導し、報酬を得るというのが正当なアフィリエイト方法なのだが
今回は強制的にクッキーを訪問者のパソコンに記憶させる手口を使っていた。


IFRAME という古典的な強制クッキーの手法である。
方法は簡単で以下のコードをHTMLソースに追加するだけ。

<IFRAME src="http://www.infotop.jp/click.php?aid=アフィリエイターID&iid=商品ID" width="1" height="1" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" ></IFRAME>


上記の場合はインフォトップにて使用する方法だが、とにかくURLでさえあれば何でもOK。
アフィリエイトリンクでもブログランキングリンクでも強制的にクリックさせることが可能だ。


ただし、メインブログにこのソースを貼り付けていたわけではなく、
HTMLサイト自動作成ツールにて作成されたアフィリエイト用のサイトに貼り付けてあった。
つまり、PPC広告にてアクセスしてきた訪問者に対して、強制的にクリックさせていたようだ。






問題と影響、確信犯的行動と分かる文面も存在した



月に60万以上を稼ぐ日8爆転系のアフィリエイターとしてはトップクラスの人物であろう。
前述したとおり、HTMLソースに対して非常に知識が長けており、偶然貼り付けたとは考えにくい。


その地位を維持するためなのか、はたまた新たな収入源を確保するためかは本人のみが知るところだか、
トップアフィリエイターとしては少しお粗末な手法だったと言えるだろう。


問題は、彼の今までの実績が怪しくなってくるということ。
日8爆転系のアフィリエイター手法として、報酬画面を公開するというものがある。


非常に効果的な手法なのだが、あの報酬画面が本物かどうかも怪しい。
画像ツールを駆使すれば、あの程度の画像は簡単に作成可能だからだ。


もちろん本物だとは思うが、ではその中で強制クッキーによって得られた報酬はいかほどか?
ここで自ら告白しているクッキーの効果を引用させて頂いた。


本人のブログより引用
はい、これもゴルフ商材です。

でも、私がアフィリしていたのは、
1個目の商材です。

2個目はクッキーが残ってて
その方がもっと安い商材を探して買ったものと思われます。

なんにしても2個売れたわけです。

このゴルフに関する情報商材を掲載したページにもしっかりと強制クッキーが仕込まれていた。
この文面からすると確実にクッキーの効果を理解している。
もう、確信犯と断言してもいだろう。





今回の事件まとめ



浮き彫りになってきた問題がある。
それは、日8爆転系のアフィリエイトではそろそろ苦しくなってきたのではないか?ということ。


こういった事を言うと大きな反発を受けそうだが、日8爆転系のアフィリエイターが
PPC広告にシフトしているのは間違いないだろう。


というよりも、もともとPPC広告が効果的なのは周知の事実である。
でなければ、Googleの屋台骨を支えられるほどの収益をもたらすはずがない。


無料レポートもコメントまわりも必要ないPPCアフィリエイトはこれからも伸びていくだろう。
日8爆転系のアフィリエイトに誘い込むことは、そろそろ難しくなってきたと思う。


トップアフィリエイターが生き残っているのは、自らPPC広告の効果を露呈することにより
間接的な商材をアフィリエイトすることも可能だからだ。


しかしここで問題がある。
クッキー効果で売れた、PPC広告で売れた、というのはその時点で
「詐欺商材を紹介しない」というい日8爆転系の信念とも呼べるアフィリエイト方式を
自ら否定しているということ。


つまり、売れそうな情報商材なら何でもOKという方向性にシフトしたということだろう。
時代と共に金を稼ぐ方法は変わるとはいえ、何でもありの世界と改めて感じた事件だった。


資料リンク (ウェブ魚拓)
・PPC広告の成果報告 (リンク先の実践サイトに強制クッキーあり)
http://s04.megalodon.jp/2008-0517-0133-52/iopoo.biz/knowhow/post_112.html
</body>タグ真上のソースをご確認下さい。(右クリックでソースの表示)

・HTML自動作成サイトのレビュー (リンク先4番目の実践サイトに強制クッキーあり)
http://s01.megalodon.jp/2008-0515-0358-35/iopoo.biz/review/aquas_02.html
</body>タグ真上のソースをご確認下さい。(右クリックでソースの表示)

・強制クッキーが仕込まれたサイトA*1
http://s02.megalodon.jp/2008-0515-0347-14/zaiup.com/hensai/

・強制クッキーが仕込まれたサイトB*1
http://s04.megalodon.jp/2008-0517-0127-41/zaiup.com/golfbestscore/

*1 インラインフレームを使用しているため魚拓を取るとソースが変化します。そのため強制クッキーのソースも変化しています。
インラインフレーム自体は判別可能ですが、ウェブ魚拓のURLに変化していますので勘違いしないようご注意ください。
CSSまで取得しない場合があります。その場合は見た目が違いますが内容は変わりません



記事:捏造Gメン 大河内


▼サイトポリシー
http://itunermaster.blog43.fc2.com/blog-entry-7.html
▼タレコミ募集中
http://my.formman.com/form/pc/L602r0NxyzeDd9oa/
スポンサーサイト
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。